ターニングポイントは後になって気がつく!

f:id:kuruminomori:20191115213323j:image先日、日常を離れて、この数年を振り返る時間を持ってみました。わたし、この5年で人生が変わりまくっているのです。 


その時は、全く気がつかなかった


5年前は家と職場を往復するのみで、ようやくSNSに触れ始めた時期。当時、私は勝間和代さんが開いた勝間コミュニティに少しだけ参加してました。こんな世界があるのかと、職場以外の人、異業種の人との交流で目が覚めた時期です。少しずつ投稿回数を増やし、そのうち勇気を振り絞ってオフ会に参加。こんな状態でしたが、なぜか、半年後に大阪オフ会の幹事を言われるままに引き受けていた。これが一つ目の大きなターニングポイントでした。

その時は全く、今の自分を思い描いていたわけでもなく、ロードマップなどなーーんにもなく、目の前に差し出されたものを

  • なんだか面白そう
  • やってみよーか

みたいなノリでした。

その後、思えば3つほど大きなターニングポイントがあるんですが、どれもこれも将来を見据えて舵を切ったものはなく、じゃ、やってみるかーというものばかりでした。 


考えても仕方ないことがある

やりたいことがない

人生の目標がない

そんな人たくさんいると思いますが、目の前に差し出されたものを、一つずつやっていくと、ある日突然、道が開けてくることがあるのです!

  • これが一体何なるの?
  • この先何があるの?
  • 儲かるの?

そんなことばかり気にして、何もしないよりは
とりあえずやってみるかとやってみる。

所詮、自分の頭で考えることは、自分の思考の枠の中のもの。考えても仕方ないことも多々あります。